So-net無料ブログ作成
検索選択

ありがたき幸せ

記念品の記念写真.JPG「野火」全記録.jpg
とうとう45歳になりました。何が悲しいって、これで「アラフォー」という便利なカテゴリーを自分のネタとして使えなくなるという・・・。
アラフィフになると「もうわざわざ区切らんでええがな」って感じだからな~、我ながら。
まあいいのよ。「老い」にまつわる諸問題を除けば、トシを取ったほうがむしろ良い事はたくさん発生するので。
若い頃なんかツラい事だらけだよ! 14歳以降はね。4歳の息子は毎日楽しいよと言うてますが。

てことで、アラフォー枠最後の日でもあった21日(日)。
まさにとびきりの良い事として、池袋・新文芸坐「反戦・反核映画祭」の千秋楽にて敬愛する塚本晋也監督のトークのお相手を務めさせていただきました。
『野火』に関しては凄く喋りたいことがあって、「個人映画」となったケガの功名(必然性)と、あと「南の映画」としての魅力ってことはどうしても言いたかったんです。同時上映の傑作『軍旗はためく下に』との因果関係も。
トーク中にも紹介させていただいた『「野火」全記録』(洋泉社)も凄い本でした! これはほんと必読。

客席には、某凄腕プロデューサーと某天才新鋭監督もいらしてました。
なんか良き連鎖。またこっから新たな傑作が生まれそうだな。

さーて、いよいよ「MOOSIC LAB 2016」も始まってますし、
僕もそろそろ通い始めたいと思います。

ちょろっと宣伝
「TV Bros.」に『オーバー・フェンス』(傑作! 塚本監督も「声」のみ出演されてます)について、山下敦弘監督インタビューを。
「映画秘宝」の洋画最前線に、ミシェル・ゴンドリーの14歳男子映画『グッバイ、サマー』(傑作!)評を。
そして先日、志茂田景樹先生トークの聞き手を務めさせていただいた『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』の評が「朝日新聞」今週金曜(26日)の夕刊に出ます。

あと大切なリンクを。『轟夕起夫net』。これはファンとしてとってもありがたいです!
http://todorokiyukio.net/

nice!(1) 

nice! 1