So-net無料ブログ作成

常にクロスロード

名作「カーズ」1作目.jpgすばらしい小説.jpg
いろいろやるべき事をやれていない、まるで追いつけていない現状を最初にお伝えしつつ・・・(業務連絡的に)

先日、保育園用に早くも七夕のたんざくを用意することになりまして。なかなかの前倒し作業です。
そいで息子(もうすぐ5歳)に、ヨメが「なんのお願い書くの?」と訊いたら、「ん~と、『けがをしませんように』」と答えたことが家族内で物議を醸し出しました。

どんだけ「守り」やねん。
結局、安定した人生のための保険みたいな願い事ではなく、いかにも園児らしい元気でオーソドックスなやつにおちつきましたが・・・。
本心は「けがをしませんように」だったことをしつこく記憶しておきたいと思います。

ちょろちょろ宣伝を。
「朝日新聞」16日(金)夕刊に、初週の興収チャート見事第1位!の大ヒットスタートを切った、入江悠監督の『22年目の告白-私が殺人犯です-』評が出ます。

いま出ている「TV Bros.」では、廣木隆一監督に『彼女の人生は間違いじゃない』インタビューを。

前倒し気味でお伝えしておくと「映画秘宝」に『カーズ/クロスロード』最速レビューを書いております。

あれっ、シカゴの「素直になれなくて」(Hard to Say I'm Sorry)のカヴァー? かと思ったら、ハリー・スタイルズの「サイン・オブ・ザ・タイムズ」だったりする今日この頃。
メモリーの繋がり方がまさにおっさんという。ともあれ『ダンケルク』は楽しみだな~。
ハリー・スタイルズ.jpgシカゴ16.jpg
nice!(1) 

nice! 1