So-net無料ブログ作成
検索選択

海辺の時間は気持ちよくて癒された

和歌浦の海.JPG和歌浦の海 (2).JPG
早5月! というかGWも終わってます!
とにかく自分が思い描くイメージのペースにまったくついていけてない。
この理由は何かというと、ひとえにトシです! 生命エネルギーの衰えを猛烈に実感する45歳8ヶ月。

このおやじの哀愁と交差するように、どんどんパワーが増していっているのが息子(4歳10ヶ月)です。早朝から寝る直前までずっと元気いっぱいです。
お母さんに怒られてもちょっと嘘泣きして(マジで嘘泣きするんですよ!こいつ)、3分後にはケロッと忘れてます。
日々限界まで遊んで、喋って、コテッと寝るという・・・真剣に彼の若さがうらやましい!!

ちなみにここ数日、一緒に風呂に入るたび、「これは“さいこうきゅうのぎゅうにゅう”(最高級の牛乳)です! どうぞのんでください!」と、入浴剤を濃厚に溶かして作ったやたら毒々しい色の液体をコップに入れて差し出してくるのですが・・・・
アーカイヴを掘る作業も快調で、ついに『バトルフィーバーJ』(79~80年)とかまで観てます。
バトルフィーバーJ.jpg

ちょっとは息子のハイ・ハイ・ハイテンションにハイタッチでGOGO的に追いつきたい。
ここでは自分のアクティヴなことだけ、すこし振り返って記録しておこうと。

すでに先月の話ですが、4月25日(火)には映画美学校の試写室で『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』上映後、孫家邦さんのトークの聞き手を務めさせていただきまして、
27日(木)には新宿K’s cinemaにて『光と禿』上映後、青木克齊監督と、MCはぜいたくにも出演の中西麻梨香さんという布陣で喋らせていただきました。
どちらもいつしか日本映画の状況についての話にまで延びていって、とても面白かったです。こういう機会は自分も得るものが大きいですね。

まもなく公開となります『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』に関しては、「キネマ旬報」で石井裕也監督×池松壮亮さんのインタビューを7000字のボリュームでやらせていただきました。
ちなみに現場では二時間近く話してたんですけどね。
同誌では恒例の「映画本大賞」にも、僭越ながら選評参加しております。

あと「TV Bros.」のDVD&Blu-ray紹介ページに『過激派オペラ』を。

『無限の住人』劇場パンフレットに、三池崇史監督&作品をめぐるキーワードを。

初登場の「映画ナタリー」に、Netflixの傑作ドラマシリーズ『ゲットダウン』について。
http://natalie.mu/eiga/pp/getdown_01

『究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10』にも参加しております(名シーン、名台詞も)。
オールタイムベスト10.jpg成田エクスプレスと.JPG
nice!(0)