So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新・座右の書

 ご夫妻本.jpg
GWも知らんまに通り過ぎていったわけですが、
その期間中の読書は、轟夕起夫師匠の奥さまである三澤慶子さんのご著書『夫が脳で倒れたら』(太田出版)に尽きました。他の本が読めなくなるくらい。
2014年のはじめ、からのできごとが率直に、しかもタフさとユーモアを併せ持って丁寧に綴られた記録。
ちなみに僕はその少し前、2013年11月に轟師匠とのささやかな呑みの席でお互い「仕事詰めすぎてキツい」話を交わしておりまして。そこからの流れと自分の中ではリンクする第1章には、改めて言葉をなくすような衝撃がありました。
第2章以降は当然知らないことがたくさん書かれてあって、それをこうやって読めることは嬉しい。
そしてこの時系列に沿った体験記の中に、轟師匠が入院中に原稿依頼を受けて書いたレビュー&コラムが挿入されてるんですが、これがヤバかった……。
日常のリアリズムの中で、ある種のメタフィクションとして昇華されていることがまざまざと浮き彫りになっている。
この「変換」に文筆稼業の「仕事」が詰まっている。人生が賭けられている。
やっぱりこれができないとダメなんだよなあ。
俺はできてるか?というね。あんまりできてない。結構垂れ流しに近いことに愕然とするライター生活23年目。
この先、何度も読み返すことになると思います。

ちょろっと直前の告知。
明日10日(金)テアトル新宿にて19:00より急遽開催されます破格のトークイベント『あえて映画館で映画上映なしで愛を考える90分:『愛がなんだ』をひたすら語る夜』でMCを務めます!
https://ttcg.jp/theatre_shinjuku/topics/2019/05060912_7290.html

そして来週、14日(火)の22:00からdTVチャンネルで生放送。宇野常寛さんの「NewsX」で『アベンジャーズ/エンドゲーム』&マーベル・シネマティック・ユニバースについてお話しさせていただきます!
https://dch.dmkt-sp.jp/special/005_news?campaign=nws90000004

10日(金)の「朝日新聞」夕刊に『アメリカン・アニマルズ』評を。

10日から公開されます『スケート・キッチン』の劇場パンフレットに作品評を。

「リアルサウンド映画部」で『ROMA/ローマ』をめぐってのあれこれを7000字ほど書きました。
https://realsound.jp/movie/2019/05/post-357703.html

その中でも触れております、劇中で何気なく流れている歌曲を集めたオリジナル・サウンドトラック。これがまた本当素晴らしいです!
 ROMA歌曲集.jpg

スケート・キッチン.jpg


nice!(1) 

R.I.P.

 STOP JAP.jpg 虫.jpg
我らのテーマソング満載。この2枚は本当特別すぎますね・・・。
謹んで、心の底より合掌です。

気づけば、早5月!
令和(おっ、「れいわ」と打ったらすぐ変換されるようになったな)になりかけの頃はランドセルラックを組み立てたり、遅れ気味の原稿(すみません!)に黙々と取り掛かっておりました(でもまだ遅れてます!)。
世間的な時代の変わり目にも、いつもと同じ調子で過ごせるのは本当ありがたいことです。

『リアム16歳、はじめての学校』、4月27日から絶賛公開中。劇場パンフレットに作品評を執筆。それに加え、カイル・ライドアウト監督のトークセッション(2月5日)の採録も掲載してくれてます。ありがたし!
そのトークページでトチハラユミさんに当方のイラストを描いていただいてるのですが、画伯&映画会社エスパース・サロウさんの許可を得まして、先日から「シネマトゥデイ」のアイコン画像に使用させていただいております。多謝!

 DSC_0129.JPG
nice!(2) 

2019年のイージューライダー

 スパイダーライダー.JPG立ちこぎもちょっとできるぜ.JPG
息子、小学校通っております。
土曜とか日曜は、母校(保育園)そばの高架下で、買ったばかりのぎりぎり地面に脚がつく22インチの自転車を乗り回してるという。
しかし最近は子供のチャリの練習できる場所も見つけにくくなりましたなあ。駐輪事情も厳しいしね。

ちょろっと宣伝。
昨日19日より公開の『幸福なラザロ』の劇場パンフレットに作品評を寄稿。

同日公開の『いつか輝いていた彼女は』劇場パンフレットに作品評+前田聖来監督インタビューを。

そして22日(月)の夜、アップリンク吉祥寺にて『いつカノ』&『朝にかえる』上映後に前田監督とトークさせていただきます!
https://joji.uplink.co.jp/movie/2019/1897

ちなみに19日(金)の夜はアキバシアターにて、cocoユーザーさん試写会で『アメリカン・アニマルズ』上映後トーク。
こないだの殺人フェイク動画事件が『ありふれた事件』+『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の行く末だとしたら・・・ってところを起点に、ケイパームービーの墓場という視点で喋らせていただきました。
バート・レイトン監督の前の映画『The Imposter』も面白いです!

  モンキー・パンチ先生哀悼.jpg

ポーズ.jpg
nice!(2) 

長い語らいの続報

「活弁シネマ倶楽部」の更新追加!
三宅唱監督です。
https://www.youtube.com/watch?v=89tTNaOSId4

尺がついに最長記録、102分って・・・(笑)。『ワイルドツアー』は67分、『きみ鳥』本編の106分とほぼ同じですよ!

ところで佐向大監督の回で話題に出た『夜と昼』(95年)。ようやく鑑賞する機会を得まして、これが素晴らしかった。
トラン・アン・ユンの『シクロ』(95年。日本公開は96年)より先に(つまりおそらく世界初)、レディオヘッドの「クリープ」を使った映画。
やっぱりどっかのタイミングで特集上映やるべきですよ!

佐向さんとは「ところで最近の音楽どう?」話(趣味)を改めてじっくりしたいもんですな~(笑)。

ツェッペリン・・・じゃなくGreta_Van_Fleet.jpg
nice!(1) 

平成が終わることで実質昭和が終わるとするならば (トルーマン・カポーティとアンドレ・マルロー)

 ツイトウ.jpg追悼.jpg
早4月!(本当に早い)。息子、卒園しました。平成最後の卒園児ってやつですな。
本当に良い保育園でした。
そしてまもなく小学校の入学式。令和とやらになるまでがバタバタで大変です。

「活弁シネマ倶楽部」が続々更新されてますのでお伝えいたします。

同番組のプロデューサーである映画ジャーナリストの徐昊辰さんに、中国映画市場について伺った前・後編!
https://www.youtube.com/watch?v=00xngK__Cmw

https://www.youtube.com/watch?v=U-hzrmlqGFo

超話題の大傑作『岬の兄妹』チーム、片山慎三監督×松浦祐也さん×和田光沙さん登場!
https://www.youtube.com/watch?v=9TaIM__h_40

この収録中、「映画.com」さんに取材していただきました。多謝!
https://eiga.com/news/20190320/21/

そして『教誨師』DVD発売に合わせて佐向大監督! だいぶプライベートに近い語らいです(笑)。一方で意外な視座からの日本映画の流れが見えたりも。
https://www.youtube.com/watch?v=gzWUWm8TAl0

もはや一時間枠どころか、一時間半越えして映画本編より長かったりするという。ぜひご覧ください!
  アニエス・ヴァルダ.jpg

nice!(1) 

影響関係

 チワワちゃんサントラ.jpg バニラ・スカイ サントラ.jpg
早3月! なんとか確定申告も無事済ませました。疲れた・・・。

「活弁シネマ倶楽部」で二宮健監督(『チワワちゃん』『疑惑とダンス』)とがっつりお話させていただきました。秘話・逸話めっちゃ多し。ぜひ!
https://www.youtube.com/watch?v=Co5ap3E7ZYo&feature=youtu.be

絶賛公開中となっております『岬の兄妹』。昨日、舞台挨拶の司会も務めさせていただきましたが、片山慎三監督の4Pインタビューを5日発売の「キネマ旬報」に。

「朝日新聞」に書いた作品評は以下になります。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13915761.html

毎年恒例の「こども映画プラス」企画、パパ・ママ映画ジャーナリストが選んだベストワンに今年も参加。
https://kodomoeiga-plus.jp/2019/02/28/article574/

ちなみに保育園生活のラストスパートに入っている息子(6歳半)、いまザ・クロマニヨンズの「生きる」(『3年A組―今から皆さんは、人質です―」主題歌』)を歌いこなそうと挑戦していますが、
歌詞&符割りの難易度が高くて超苦戦しております!
(数時間後の付記:・・・と思ったら、結構がんばって良く覚えてました)

  生きる.jpg
nice!(1) 

これは『岬の兄妹』と(株)うんこのコラボTシャツです

   DSC_0004.JPG
いつもすみやかに片付けている確定申告、今年はまだ準備もできてないので相当あせってます!

近況&告知もろもろ。
まずは「活弁シネマ倶楽部」、広瀬奈々子監督(『夜明け』)の回が配信されております。
https://www.youtube.com/watch?v=v6wXT9b-R74

ご紹介も毎度ありがとうございます!
https://natalie.mu/eiga/news/321154

2月19日(火)、TOKYO FM「LOVE CONNECTION」で『THE GUILTY/ギルティ』について喋らせていただきました。
https://www.tfm.co.jp/love/index.php?catid=747&itemid=148263

2月21日(木)は『岬の兄妹』応援! 片山慎三監督、樋口毅宏さん、そして主演の松浦祐也さんと和田光沙さんとFilmarks試写会にてトーク(@ユーロライブ)。
https://eiga.com/news/20190221/24/

さらにそのあと、ぴあ独占試写会でもトーク。楽しかったです!

パンフ寄稿。16日(土)より公開の『おっさんのケーフェイ』に作品評、を兼ねた谷口恒平監督ストーリー。
22日(金)より公開の『ビール・ストリートの恋人たち』に作品評。
そして同日公開の『THE GUILTY/ギルティ』。ユーロライブでやった真鍋大度さんとのトークが採録されております!

nice!(0) 

いらっしゃ~い!

こちらのテーブルへ.jpg
1月17日(木)~19日(土)の冬休み――何を隠そう息子(6歳半)の人生初、東京ディズニーランドに行ってきたんですが、そのことを書こうと思いつつ、早2月!

大阪・USJはすでに2回経験済みの彼、基本的に「こっち派」なんで(↓)、最初は敵陣に乗り込むような感覚だったのですが・・・
スパイダーマン派.JPG

結局、当然のように満喫してました。しかし夜のパレード見学は毛布などの準備不足が祟り、チルドで保存されてるんか俺っていう激烈な寒さでしたよ!

帰ってきてからはそのぶん仕事バタバタです。歩合業者の悲哀ですな。

トーク進行業を続けてやりました。どれもすごい楽しかったですね。
1月27日(日)は新宿バルト9にて『チワワちゃん』、行定勲監督×二宮健監督トーク!
http://cinefil.tokyo/_ct/17246688

https://www.anemo.co.jp/movienews/report/chiwawa-13-20190128/

2月1日(金)は渋谷ユーロライブにて『THE GUILTY/ギルティ』J-WAVE+coco試写会で、メディアアーティストの真鍋大度さんとトーク!
https://eiga.com/news/20190202/9/

http://eigajoho.com/140327

http://www.nbpress.online/archives/16894

等々たくさん記事を出していただいております。また、より詳しい採録が劇場パンフに掲載される予定です。

ここで世間でも保育園でも大流行!のインフルエンザに息子がやられるというアクシデント発生!
その合間を縫うような形で関内ホールへ。2月3日(日)、祝・40周年のヨコハマ映画祭の評論家コーナーでちょろっとコメント。
幸い息子の症状は軽く、熱は一日で引きましたね。親チームも無事乗り切りました。

そして2月5日(火)夜は月島のブロードメディア・スタジオにて、coco試写会『リアム16歳、はじめての学校』のカイル・ライドアウト監督とトーク。めっちゃ気さくなナイスガイでした。
https://natalie.mu/eiga/news/318861

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000011-cine-movi

さらに! インターネット番組『活弁シネマ倶楽部』、緒方貴臣監督(『飢えたライオン』)の回が配信されております。フィルモグラフィー全作を網羅した「監督論」的な一時間です!
https://www.youtube.com/watch?v=R5GUSmNeruQ

同番組の内容をまとめってくださっている記事も。ありがたいかぎり。
https://tokushu.eiga-log.com/new/19624.html

https://tokushu.eiga-log.com/new/18496.html

とりあえずこんなとこで。あと「キネマ旬報」ベスト・テン号の総括ページで、2018年公開のドキュメンタリー映画について書いております!

祝・夫婦受賞
キネ旬決算号.jpg

nice!(0) 

まずはお知らせ

活弁シネマ倶楽部 関根光才監督.jpg
出先から帰ってまいりました! なにはともあれ、まずはお知らせということで、
『活弁シネマ倶楽部』の「浅草ダイレクトシネマ」、関根光才監督の回が配信されました。

https://www.youtube.com/watch?v=4w3gAtPi49w

『生きてるだけで、愛。』『太陽の塔』に加えて、
カンヌ広告祭受賞作『RIGHT PLACE』や
『恋するフォーチュンクッキー』MV秘話など、
この一時間で関根光才イズムの核心がだいぶわかる内容になっております。
(↓)記事でも紹介していただいております!!

https://natalie.mu/eiga/news/316569

nice!(1) 

ズラして冬休み

アロー・ブラックの私服はいいね.jpg
まずは軽い業務連絡! 本日17日(木)の午後から、19日(土)までちょろっと留守にします。
年末年始は自宅にこもってたので、その代わりに家族で小旅行へ。実質1日半ほどの冬休みです。

近況を振り返ると、1月14日(月・祝)成人の日(平成最後のってヤツですね)、渋谷ユーロスペースにて『斬、』15:00の回上映後、塚本晋也監督とお話させていただきした。
宣伝Tさんの素晴らしい発案から「アンチ通過儀礼」辺りがお題に。またちょっと新しいアングルからのお話ができたように思います。

諸々宣伝。
大野大輔監督&松本穂香主演『アストラル・アブノーマル鈴木さん』劇場パンフレットに作品評的監督賛を。
『クリード 炎の宿敵』劇場パンフレットに作品評的コラムを。
18日(金)公開となります『夜明け』劇場パンフレットでは小林薫さんのインタビューを。

「東映キネマ旬報」では書評コラムとして『笠原和夫傑作選』(国書刊行会)、『映画監督 佐藤純彌 映画よ憤怒の河を渉れ』(DU BOOKS)、『東映実録バイオレンス浪漫アルバム』(徳間書店)、『セントラル・アーツ読本』(洋泉社)を取り上げさせていただきました。

「CINEMORE」に『グッドフェローズ』について書きました。
https://cinemore.jp/jp/erudition/520/article_539_p1.html

Aloe Blacc.jpg


nice!(0) 
前の10件 | -