So-net無料ブログ作成

お知らせ多種多様

ネオ男の勲章.png
妻(年齢非公表)&息子(6歳)が『今日から俺は!!』に「何回観とんねん!」ってほどずっぽりハマってまして、最近、息子が「男の勲章」ばっかり歌ってます・・・。
シンプル・イズ・ベストなロックンロール歌謡。ついでに「ツッパリHigh School Rock'n Roll (登校編)」も教えちゃいまして、息子そっちも歌ってます。もはやドラマの影響から派生して逸脱という。

ともあれ早11月!(しかも後半)。

10月28日(日)は下北沢映画祭。「演劇×映画の可能性」という興味深いお題のプログラムで松居大悟監督(同映画祭でお会いするのは3年ぶり)のお話の聞き手を務めました。
当日、『アイスと雨音』のメイキング『ファーストキス』(監督:エリザベス宮地)を初めて観たんですが、これがめっちゃ良くて、気持ちが高ぶりながらトークに突入。やたらライヴな時間になったんじゃないかといま振り返って思います。松居さんがいま考えてることも色々お聞きできて面白かったな。
記事も出ております(↓)
http://eigairo.com/?p=42522

今月に入ってからは、最近よくお世話になっておりますFilmarksさんの試写会トーク仕事を二連発。

11月5日(月)はユーロライブで渋谷らくご……ではなく『鈴木家の嘘』の上映後、神田松之丞さんのお話の聞き手を務めました。
20分の予定が、気づけば40分! 話芸凄すぎて痺れました。またご一緒したいです。
記事も出ております(↓)。
https://www.oricon.co.jp/news/2122848/

11月15日(木)は来年2月公開の“ある映画”(傑作)の上映後トーク。お客さんには何の映画か一切知らせずに観ていただくという実験的な試みだったのですが、スペースFS汐留ががっつり埋まっていたので感動しました。
この日がMCデビューとなったファントム・フィルム森田青年と一緒に、サブテキスト的な作品周りの薀蓄を圧縮して解説。
記事も出ております(↓)。なんと即日にアップされた記事で、しかも的確&丁寧に要点をまとめていただいており、これまた感動!
https://eiga.com/news/20181115/21/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000021-eiga-movi

今後のべしゃり物としましては
11月23日(金)、自由が丘gallery yururiでのイベント『映画パンフは宇宙だ!』で、僭越ながら大島依提亜さん×辛島いづみさん対談のMCを務めます(12:30開場/13:00開演)。
以下参照。
https://alegria.theblog.me/pages/1966522/static

あと新しく始まったインターネット番組にも参加しております。こないだ一回目の収録でした。これは近日お知らせできるかと。

そして主な執筆仕事ですが、
今月3日から公開されています『十年 Ten Years Japan』の劇場パンフレットで、主題曲担当のKan Sanoさん×音楽プロデューサー(&現代会オリジナルメンバー)の齊見泰正さんの対談の進行・構成を務めております。

「キネマ旬報」には『生きてるだけで、愛。』評を。

「朝日新聞」16日(金)夕刊には『ハード・コア』評を。デジタルでも読めます。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13772198.html

そして今年もいよいよ始まりました(本日より)「MOOSIC LAB 2018」。オフィシャルガイドブックで中森明夫先生、直井卓俊プロデューサーと鼎談させていただいております! 以下参照。
http://moosiclab.com/

あと来週末公開映画のパンフにはやたら登板してますんで、また改めて。

そしてもうひとつ。今年9月1日に下北沢・本屋B&Bの『バンクシーを盗んだ男』イベントでご一緒した鈴木沓子さんが、日テレ『世界一受けたい授業』(11/10放送)でバンクシーの授業をやっておられました!
バンクシー授業の時間.JPG

nice!(0) 

nice! 0