So-net無料ブログ作成

神と伝説だらけ

11月23日・24日公開の執筆パンフ.JPG
またひとつ増えた貴重な人生の想い出。11月23日(金)、自由が丘gallery yururiでのイベント『映画パンフは宇宙だ!』で、たいへん僭越ながら大島依提亜さん×辛島いづみさん対談のMCを務めさせていただきました。
レア・グルーヴ(=リバイバル)上映の『バーバレラ』や『欲望』から始まる「おしゃれパンフ史観」など、悶絶級なお話の数々。パッケージフェチには本当たまらんですね。翻って現在の状況への提言もあり、日本独自の文化コンテクストを紡いでいく「現場」の声に痺れまくりでした。

で、実はわたくしこの11月23日&24日公開の新作映画が参加パンフラッシュでして、ぶっちゃけこの2DAYSが本年度(もしかしたら人生)のピークかもしれません。

『イット・カムズ・アット・ナイト』パンフには、ジョエル・エドガートン小論。先述のパンフイベントの立ち上げ母体と言っていい(よね?)松竹事業部出版商品室さんの素敵な力作パンフです。

『エリック・クラプトン-12小節の人生―』パンフでは、な~~んと仲井戸“CHABO”麗市さんにインタビュー!!
思えば自分が最初にRCに接近遭遇したのは、夜ヒットかザ・ベストテンで大暴れしていた「SUMMER TOUR」だったはずですが・・・10代の時の自分がこの未来を知ったら完全に気絶すると思います。いまでも充分気絶しそうですが。チャボさんにお話をうかがった某ホテルラウンジカフェでの1時間弱は本当に夢心地でした。
パンフではたいへん僭越ながら「私にとってのクラプトン」(ベスト・アルバム)アンケートにも回答させていただいております。ちなみに『ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ』とどっちにするか、ものすご~く迷いました。

川口潤監督のドキュメンタリー『THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~』パンフには作品評を寄稿。これまた畏れ多すぎ!! タイムマシンで大学生~20代の頃の自分に伝えにいっても、まあ信じないな。いやいやいや、NO NO NOって感じで。♪もしもこれが夢ならば……ですよ。本当、最高に光栄&恐縮です!!

そ、そ、そして・・・!!
塚本晋也監督の『斬、』パンフに作品評を寄稿!! こ、これは、ついに我が人生の「あがり」というヤツではないかと・・・。

てことで、余生はひたすら安静に、健康にだけ留意して地味に過ごしていきたいと思います。

ちょろっと宣伝続き。
本日・・・かと思ったら昨日になってた27日(火)の「朝日新聞」朝刊、文化・文芸面に掲載されている『ボヘミアン・ラプソディ』大ヒット分析記事の中でコメントを出しております。
その別ヴァージョンがデジタル版で読めます(↓)。
https://www.asahi.com/articles/ASLCP3G5XLCPUCVL006.html
紙面のタイトルは「映画館でクイーン まるでライブ」。デジタル版のタイトルは「まるで集団カラオケ応援上映 『クイーン』の映画に号泣」(笑)。

そして祝!パッケージ発売の『素敵なダイナマイトスキャンダル』。改めて冨永昌敬監督にいろいろお話をお聞きしました(↓)。ぜひ!
https://cinemore.jp/jp/news-feature/504/article_p1.html

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00010000-cinemore-movi

nice!(0) 

nice! 0